東芝問題の視点:巨大先端技術の継承の難しさ2017年04月06日 11:18

東芝が2006年に買収したWHが、米国原発建設で巨額の損失を出す見込みとなり、米国の破産法の適用申請し、親会社の東芝は、巨額損失計上で債務超過を回避して存続するため、半導体事業の売却を株主総会で決めた。

 

東芝グループでエンジニアとして、また経営者として会社人生を送ってきたOBの一人として、極めて残念な事態で、この難局を東芝グループ従業員一同が乗り越え、復活してくれることを願っている。

 

一方、私の経験から今回の事態は、福島第一原発の廃炉作業に深くかかわる東芝でもあるだけに、このことは一企業の問題だけではなく、大切な技術継承問題とかかわっていると考えてきた。そこで、今回は、私自身の経験を踏まえてこの問題に関して私の視点を述べてみたい。

 

東芝がWHを買収した2006年当時は、私は東芝本体を離れてグループ会社の経営に携わっていたので、買収の経緯については承知していない。

買収の話を最初に聞いたときは正直言って驚いたことを覚えているし、当時、WHはBNFLがお荷物として売却しようとしていただけに、他社に比して大きな金額を提示しての買収だと報道されていたから、デューディリはしっかりできたのか、PWR技術評価ができるのか、個人的には大丈夫なのかなと思ったことを覚えている。ただ、BWRだけでなくPWRをもって世界に出ていく(世界の原発建設計画はBWRよりPWRの方が圧倒していた)という高揚感が東芝本体にはあったようだ。

 

東芝本体の原子力技術には、BWRで最先端のABWRを完成させ、巨大先端技術である原子力発電所建設の世界トップ企業の一つとしての誇りを持っていたし、私自身も会社生活の大半をそうした技術開発やプラント建設に携わってきたことを誇りに思っていた。

 

今回、報道されているWHの米国原発建設における巨額の損失の原因については、米国での新規原発建設がTMI事故以来止まっていたことによって、建設経験のあるエンジニアが米国にいなくなっていたこと等が指摘されているが、私の経験からしてもこの問題は極めて重要な点だと考えている。

 

原子力発電所建設というのは、大変な工事量を伴う巨大プラント建設プロジェクトであり、プラント建設を工程計画通り進めていくためには、膨大なエンジニアリングが必要とされる。

特に、建設現場で、実際の機器や配管をどこに、どの順番で設置し、さらに電気配線工事等の他の工事との干渉をさけて円滑に進めていくことはキーポイントであり、この調整エンジニアリングを、我々はコンポ調整(Composite Adjustment)と呼んでいたが、このためには、十分な建設経験がものをいうのである。

もちろんこのエンジニアリング業務も、それぞれの部門が図面を持ち寄って調整するようなことが当初は行われてきたが、やがて3次元CAD技術を使って行うようなエンジニアリングの改善が実現し、単なる経験に基づくものでなくなってきたのは事実である。

 

しかしながら、私個人の経験から言えば、同じ軽水炉でもBWRとPWRはあまりにも違いすぎるのである。BWRの経験しかないエンジニアが、PWRのエンジニアリング業務を主導していくことができるとは、とても思えない。複雑な巨大プロジェクトの原発建設業務でWHがコスト増に苦労しているとき、東芝本体の原子力部門は、東芝の技術、経験から十分にコスト増を抑制できると甘く考えていたと一部では報じられている。

これは、巨大先端技術に関する自社技術の過信、慢心であり、福島第一原発事故の要因について、反省を踏まえて私なりに考えてきた日本の原子力技術者の慢心にもつながっていたものでなかったと思う。

WHにも原発建設経験のあるエンジニアはおらず、東芝にはBWR経験者しかいない。これでは残念ながらエンジニアリング業務をきちんと進めていくのは難しくなるし、実は日本では優れている現場技術(現場工事の最後の調整力は、経験を有する現場工事者)を期待できない米国での建設は、コストが膨れていくことが避けられなかったのであろうと推察している。

 

この問題は、巨大先端技術の技術継承の問題に他ならない。そこには、技術経験(失敗で学ぶし、成功で学ぶ)はやはり重要なポイントであるとつくづく思う。私は、原子力技術については自信をもって東芝というメーカに入ったが、最初に原発建設現場に行ったとき、圧倒的なコンクリート、機器量、膨大な配管、ケーブル等を目の当たりにして、プラント建設のエンジニアリングを本当に謙虚に学び、経験したいと思ったことを思い出す。

 

巨大先端技術は、一度技術、経験をなくすと、それを取り戻すには途方もない時間とコストが必要になってくる。

 

福島第一原発の廃炉は、日本の最大の技術課題であり、巨大先端技術プロジェクトである。このための技術開発と継承には、多くの研究者、エンジニアがこれからも携わっていかなければならない。東芝自身もこの問題を先頭になって解決していくメーカとして、決して技術者をこの分野から失ってはいけないし、日本全体で人材確保に注力してほしいと切に思うのである。




コメント

_ delhimonuments.Org ― 2017年09月21日 06:37

Definitely helpful as well as superb structure of articles or blog posts,
now that’s great.

_ get redirected here ― 2017年09月21日 08:49

I like this site a lot. Great info.

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://engineer-view.asablo.jp/blog/2017/04/06/8446579/tb