科学技術上の正しい理解に基づかない主張に騙されてはいけない-東京新聞社説2014年11月17日 10:22

正直言って、驚きというよりあきれてしまい、さらには、これがわが国のマスメディアのレベルなのかと暗澹たる気持ちになってしまった。11月15日の東京新聞社説である。

 

反原発の主張を掲げる東京新聞は、先週の土曜日に「原発事故調書 原因不明、責任不在」と題した社説を掲載した。政府が政治家や官僚等の一部の政府事故調の調書を公開したことに合わせて、川内原発の再稼働の動き等に対抗する形で主張を展開したのだろう。

もちろん、エネルギー政策として反原発の主張を展開するのは自由であるし、幅広い意見と論議が、よりより政策に結びつく民主政治の基本と信じるので、主張展開そのものにに異議をはさむものではないのだが、科学技術上の問題に、誤った理解をベースに、あるいは意図的に事実を曲げて主張するのでは、それはタメにする議論でしかなく、誤った方向に導くものにはならないのだろうか。それを、科学技術立国をめざす先進国日本の新聞と言うマスメディアが行うことに暗澹たる気持ちになってしまうのである。

 

東京新聞の主張は次の通りである。

「3・11からすでに三年八カ月。福島原発事故については、いまだ知らされていないこと、分からないことが多すぎる。そもそも、事故の原因さえ、判明したとは言い難い。政府事故調も国会事故調も、原因を特定できないままである。貴重な証言が公表されても、その内容を事故原因の究明や、新たな事故の防止につなげなければ、意味はない。原発の是非論にも深く関わる。国会事故調は、揺れによる配管損傷など、地震そのものが原因になった恐れを指摘して、調査継続の必要性を訴えた。津波が到達する前に電源が喪失していた可能性があり、1号機の原子炉建屋で出水が目撃されていたからだ。

ところが原子力規制委員会の分析検討会は、東電の独自調査の結果を踏襲し、電源喪失は津波による浸水の時刻とおおむね一致しており、出水は配管ではなく、燃料貯蔵プールからの水漏れによるものと断じている。このような見解に基づいて、川内原発は災害に対する備えが整ったと認められ、3・11後の新たな審査基準に適合すると判断された。その判断を基にして、高浜や伊方など同じタイプの原発の審査が、“合格”に近づいているという。地震の揺れに対する備えは、本当に十分だといえるのか。」

 

このブログで何回も主張しているように、福島第一原発事故の直接原因は地震による損傷ではなく、津波を直接原因とする電源喪失であることは、科学技術的に、客観的に判断されることで、わが国のみならず、海外の科学技術者含めてグローバルな共通の理解事項であり、決着事項である。

国会事故調が指摘した1号機の非常用電源の機能喪失時期や出水については、このブログで何度も指摘しているように、科学技術的、工学的見地からは、国会事故調の報告書内容はおかしな点が多く、まじめに取り上げて議論する段階以前の内容であり、8月の東電元幹部の「起訴相当」決議に関する記事でも説明しているように、この問題は規制委員会が報告している通り、オープンな場で議論され、地震影響は否定されているのである。

それを、何の根拠もなく、地震の影響があったかのように論じ、「地震の揺れに対する備えは、本当に十分だといえるのか。」と書くことが、事実を伝えるべきマスメディアとして、正しい姿だろうか。

正しい科学技術上の理解に基づき、その技術のリスクを評価し、それでもこのリスクは容認できないと考えるのなら、その主張は一つの考えとして理解されるし、そうした意見も取り入れて皆が考え、最終判断をすることが、民主制の考え方ではないだろうか。

 

しかしながら、この社説の主張はそうではない。朝日新聞の吉田調書誤報問題等、意図的な誤報が批判される状況下で、マスメディアとしてジャーナリズム精神に基づいた事実を客観的に正しく伝えることが大事であると認識される昨今においても、このような誤った事実認識に基づく主張が展開されることは、極めて残念なことである。

 

我々は、科学リテラシーを一人ひとりが高め、このような誤った事実報道を的確に見抜き、騙されないようにすることが大事だと、あらためて思うものである。




コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
あなたの国籍は

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://engineer-view.asablo.jp/blog/2014/11/17/7494925/tb